読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QEMU に Armadillo-800 EVA を追加してみた

QEMU Linux

アットマークテクノさんの新しいArmadilloである Armadillo-800 EVAのエミュレーションを QEMU に追加してみました。
但し、扱えるデバイスはシリアルとタイマのみで Linux カーネルが起動する程度となっています。
また、動作確認した環境は、Debian 6.0、Ubuntu 11.10 です。

ビルド

QEMU の他、ゲストである Linux カーネルと Buildroot を使用したユーザランドの全てをビルドします。

準備

以降のビルド手順に必要なパッケージをホスト環境に導入します。

(Ubuntu 11.10 システムインストール直後の場合)
# apt-get install g++ bison flex gettext glib2.0-dev u-boot-tools

また、必要に応じて作業ディレクトリを作成します

% mkdir ~/work
% export WORKDIR=~/work
buildroot

クロスツールチェインの取得とユーザランドの構築

% cd $WORKDIR
% wget http://buildroot.uclibc.org/downloads/buildroot-2012.05.tar.bz2
% tar xf buildroot-2012.05.tar.bz2
% cd buildroot-2012.05
% cat > configs/armadillo800eva_defconfig << EOF
 BR2_arm=y
 BR2_cortex_a9=y
 BR2_TOOLCHAIN_EXTERNAL=y
 BR2_TOOLCHAIN_EXTERNAL_CODESOURCERY_ARM2009Q3=y
 BR2_TARGET_GENERIC_GETTY_PORT="ttySC1"
 BR2_TARGET_ROOTFS_CPIO=y
 BR2_TARGET_ROOTFS_CPIO_GZIP=y
 EOF
% make armadillo800eva_defconfig
% make
Linux カーネル
% cd $WORKDIR
% git clone https://github.com/myokota/linux-a800eva-defconfig-for-qemu.git
% wget http://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/kernel-source/linux-2.6.35-at/linux-2.6.35-a800eva-at2.tar.gz
% tar xf linux-2.6.35-a800eva-at2.tar.gz
% cd linux-2.6.35-a800eva-at2
% cp $WORKDIR/linux-a800eva-defconfig-for-qemu/armadillo800eva_qemu_defconfig arch/arm/configs

ビルドの前に、以下の修正を加えます。

diff --git a/arch/arm/mach-shmobile/board-armadillo800eva.c b/arch/arm/mach-shmo
index a570b40..a2c0d95 100644
--- a/arch/arm/mach-shmobile/board-armadillo800eva.c
+++ b/arch/arm/mach-shmobile/board-armadillo800eva.c
@@ -128,6 +128,7 @@ static struct platform_device __maybe_unused usb_func_device
        .resource       = usb_resources,
 };

+#ifdef CONFIG_MMC
 static void sdhi0_set_pwr(struct platform_device *pdev, int state)
 {
        gpio_set_value(GPIO_PORT107, state);
@@ -304,6 +305,7 @@ static struct platform_device sh_mmcif_device = {
        .num_resources  = ARRAY_SIZE(sh_mmcif_resources),
        .resource       = sh_mmcif_resources,
 };
+#endif /* CONFIG_MMC */

 static struct sh_fsi_dma sh_fsi2_dma = {
        .dma_porta_tx = {
@@ -1044,9 +1046,11 @@ static struct platform_device gpio_led = {

 static struct platform_device *rma1evb_devices[] __initdata = {
        &eth_device,
+#ifdef CONFIG_MMC
        &sh_mmcif_device,
        &sdhi0_device,
        &sdhi1_device,
+#endif
        //&usb_func_device,
        &ohci_device,
        &ehci_device,

ビルドを行います。

% export ARCH=arm
% export CROSS_COMPILE=$WORKDIR/buildroot-2012.05/output/host/usr/bin/arm-none-linux-gnueabi-
% make armadillo800eva_qemu_defconfig
% make uImage
QEMU
% cd $WORKDIR
% git clone https://github.com/myokota/qemu-a800eva.git
% cd qemu-a800eva
% ./configure --target-list=arm-softmmu
% make

実行

以下で QEMU を起動します。

% $WORKDIR/qemu-a800eva/arm-softmmu/qemu-system-arm \
      -M a800eva \
      -kernel $WORKDIR/linux-2.6.35-a800eva-at2/arch/arm/boot/uImage \
      -initrd $WORKDIR/buildroot-2012.05/output/images/rootfs.cpio.gz \
      -append "console=ttySC1" \
      -nographic \
      -serial telnet:0.0.0.0:1200,server

すると、

QEMU waiting for connection on: telnet:0.0.0.0:1200,server

というメッセージが表示されるので、別の端末から、

% telnet localhost 1200

とします。すると、Linux カーネルが起動を開始するので、ログインプロンプトが表示されれば、root にてログイン(パスワードなし)が可能です。

github

ソースと詳しいドキュメントは github 上で公開しています